戦前の日本の鷹狩りを知る 天皇の鷹匠


GUTE-URLS

Wordpress is loading infos from co

Please wait for API server guteurls.de to collect data from
www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E7%9...

諏訪流第十六代鷹師 花見 薫 の自伝とも言える本です。
著者は大正十三年(1924年)に宮内省へ鷹匠補として採用され、その後50年以上鷹匠を勤めました
聞きがたり形式で戦前〜戦後の鷹狩りの変遷がわかりやすく解説されています。
獲物が豊富だった数十年前の鷹狩りの様子が、昨日のことのようにいきいきと語られています。
オオタカをメインに、ハヤブサ、クマタカでの狩りのエピソードが収録されています。
やわらかい語り口の本なので、とっつきやすいです。

本文で取り上げられる埼玉県と千葉県の鴨場(皇室に鴨を献上するために作られた人口の池)は、
定期的に見学会を行なっています。
参考  https://www.google.co.jp/search?q=%E9%B4%A8%E5%A0%B4+%E8%A6%8B%E5%AD%A6&ie=&oe=

0

トビvsハヤブサ? A falcon in the field

英国の著名鷹匠、Jack Mavrogordatoによるハヤブサの調教マニュアル本です。
14種類の獲物の解説と、13種類のハヤブサについての解説があります。
セイカーハヤブサによるトビ狩りの様子は必読です。(1960年代のパキスタン)

同じ著者によるハイタカの調教本、A hawk for the bushも出版されています。
法廷弁護士である著者は、スーダンの司法長官でもありました。
彼の自伝に興味がある方はBehind the scenesをオススメします。

0